頭痛薬とひとくちに言っても、ドラッグストアで誰でも買うことができる市販薬と、医師...

頭痛の市販薬-頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法

頭痛の市販薬

頭痛薬とひとくちに言っても、ドラッグストアで誰でも買うことができる市販薬と、医師に処方してもらわないと買うことができない薬とがあります。市販薬は処方薬より効果が薄いと考えている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。適切な量と正しい方法で利用すれば、しっかりと痛みをやわらげることが可能です。ただし、自分勝手な方法で利用してしまうと、かえって体にダメージとなるケースもあります。

頭痛の市販薬は、痛みを引き起こす物質が体内で作られるのを抑えるタイプと、痛みを感じる中枢神経をブロックするタイプの二種類があります。痛みを引き起こす物質が体内で作られるを抑えるタイプの代表が、アセチルサリチル酸配合の市販薬です。痛みを作りだすプロスタグランジンという成分の合成を阻害することで、頭痛をおさえてくれるのです。粘膜のダメージを与える副作用があるため、空腹時の利用を避け、胃薬と一緒に飲むといいでしょう。イブプロフェンやイソプロピルアンチピリン配合の市販薬も、頭痛を引き起こす物質が体内で作られるのを抑えるタイプです。

痛みを感じる中枢神経をブロックするタイプの市販薬は、アセトアミノフェンや無水カフェインといった成分が配合されています。人間の脳には中枢神経があって、痛みを感じるセンサーの役目を果たします。この中枢にじかに作用する市販薬があれば、ひどい頭痛の症状も改善することができます。非常に便利ですが、風邪薬と併用するのはNGです。

copyright 2011 頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。