頭痛が起きると不安になってしまう方が多いですね。もしかして、自分の頭の中で恐ろし...

頭痛と手術-頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法

頭痛と手術

頭痛が起きると不安になってしまう方が多いですね。もしかして、自分の頭の中で恐ろしいことが起きているのかもしれない…と感じてしまいます。とはいえ、一般的に病院へやってくる患者さんのほとんどは、手術の対象になりません。薬で改善できる症状のほうがずっと多いのです。頭痛でもっとも多いのは緊張性のものであり、次に多いのが片頭痛です。全身にまで症状がおよぶひどい頭痛もありますが、手術しなければいけないのは1%くらいではないかとされています。入院して手術をしなければならない頭痛というのは、実はめったにありません。

手術をしなければならない頭痛というのは、脳腫瘍、くも膜下出血、慢性硬膜下出血といった病気にともなうものです。つまり、脳の病気からくる頭痛が、手術の対象となるわけです。脳腫瘍、くも膜下出血、慢性硬膜下出血になった場合は、ただ頭痛が起こるだけではありません。ひどい吐き気、けいれん、発熱、視力以上などが起こります。また、ボケが起こる可能性も否定できません。神経や精神にトラブルが起こり、さらに頭痛があれば、手術して治療すると考えるといいですね。この時には、脳神経内科や脳神経外科で診察を受ける形になります。

手術をしなければならない頭痛の中で、もっとも危険なのがくも膜下出血です。くも膜下出血になると、ひどい頭痛が起こります。その凄まじさは、頭をハンマーで殴られたような、と形容されるくらいなんですよ。突然痛みが起こるのも特徴です。

copyright 2011 頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。