頭痛が起こった時には、無理をせず薬で症状を緩和したほうがいいですね。頭痛の薬とし...

頭痛の薬-頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法

頭痛の薬

頭痛が起こった時には、無理をせず薬で症状を緩和したほうがいいですね。頭痛の薬として一般的なのは、痛みをやわらげつつ熱を下げる作用がある解熱鎮痛薬です。ドラッグストアでも気軽に購入できますので、家庭に常備している方も多いことでしょう。私たちにとって身近な存在ですが、安全に利用するためにも、きちんとした知識を持っていなくてはいけません。まず、薬のタイプとしては、持ち運びしやすく飲みやすい錠剤があります。また、体重に合わせて量を調整しやすい粉薬があります。水なしで飲めるチュアブルもありますよ。

頭痛の薬である解熱鎮痛薬には、ピリン系解熱鎮痛薬、非ピリン系解熱鎮痛薬、非ステロイド性抗炎症薬などの種類があります。ピリン系解熱鎮痛薬は頭の痛みをやわらげてくれますが、発疹を起こす可能性があります。ですから、利用できるかどうかの判断が重要です。非ピリン系解熱鎮痛薬は、ピリン系解熱鎮痛薬と異なり、副作用が少ないので子供でも利用できます。中枢神経系にはたらきかけ、傷みをやわらげます。非ステロイド性抗炎症薬は、気になるステロイドを排除した鎮痛剤です。体質に合わない場合は、胃の調子が悪くなる可能性もあります。

また、頭痛の薬として、抗炎症薬、筋弛緩薬、抗鬱薬、抗不安薬などを利用するケースもあります。漢方薬を頭痛の薬として扱うことも少なくありません。自分にとってどんな薬がいいかわからない時は、病院で相談しましょう。

copyright 2011 頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。