頭痛の症状をやわらげるのは、薬を利用することが一番です。しかし、あまりにも薬に頼...

頭痛の薬と副作用-頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法

頭痛の薬と副作用

頭痛の症状をやわらげるのは、薬を利用することが一番です。しかし、あまりにも薬に頼りすぎてしまうと、今度は副作用の心配が出てきます。頭痛の薬の副作用には、いおいろな症状があります。どんなものを選ぶかによっても違いますが、軽い症状としては喉の痛みや眠気があります。一般的に、痛みをやわらげる薬を飲むと、眠くなることが多いですね。これは、ブロムワレリル尿素やアリルイソプロピルアセチル尿素といった成分が配合されているからです。そのため、車の運転は避けるようにといった指示が行われることも少なくありません。また、眠気によって、仕事や勉強が一時的にはかどらなくことも考えられます。

頭痛の薬の副作用には、重い症状もあります。たとえば、ピリン系解熱鎮痛薬は、副作用として、ピリン疹を起こす可能性があることがわかっています。ですから、薬で発疹を起こしたことがある方は、ピリン系解熱鎮痛薬は利用できません。また、非ステロイド性抗炎症薬で胃の調子が悪くなる方もいらっしゃいます。また、この薬は刺激がありため、15歳未満の子供は痛み止めとして利用することはできません。他にも、アナフィラキシーショックやぜんそくといった副作用が起こる可能性があります。

頭痛の薬の副作用を防ぐためには、月に10日くらいを限度にすることです。毎日服用してしまうと、かえって頭痛を起こしやすい体質になってしまうからです。脳が痛みに敏感になってしまい、ちょっとした痛みにも大きく反応してしまいます。健康な方なら気にならない頭痛でも、薬に頼りすぎている方にはひどい症状になります。

copyright 2011 頭痛・偏頭痛を自宅で治す方法 病院や薬を使わず再発しない治療法 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。